Kon's Farming Diary in Fukushima 福島で農家をめざすコンの日記

A diary of a novice farmer who came from Tokyo to start farming here in Fukushima with her husband. We are organic and try to be greener! 東京から脱出し、農業を始めるために、福島に移住したコンの日記です。エコ&グリーンな農家をめざします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絹サヤの葉っぱ

ハウスの絹サヤ。大きいものは20cmくらいになってました。
sayaendou070222.jpg

よく見ると、葉っぱの付き方がとてもおもしろい。茎を挟み込むように2枚の葉がくっついていて、その下からツルが伸びてもう2枚の葉っぱ。その先にくるんとしたツル。その繰り返しで、規則正しく大きくなっていくようです。
周りの雑草も元気なので、特にはびこるヨモギをちょっと刈ってあげました。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

菜の花

ハウスの中はますます春の雰囲気です。
昨年もらったカブレ菜に花が咲きました。
KABURE070222.jpg

まだ全然食べていないのに。。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

炭ができました。

雪の中、炭の出来上がりを見に行きました。
上の土とトタン板を取ったら、炭がぎっしり。歓声があがりました。
sumiyaki070216.jpg

お土産に一袋いただきました。簡単に作れる土壌改良材。家の周りの竹や木で、造ってみなければ!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

炭焼き名人から「伏せ焼き」を習う

 市のふるさとづくり塾という講座で、炭を焼く方法のひとつ「伏せ焼き」を習いました。先生は国土緑化推進機構から認定されている「炭焼き名人」。とても楽しい方で、「無農薬で野菜をつくるには、土に炭を入れるとよい」と、熱心に語っていらっしゃいました。
 「伏せ焼き」は、地面に深さ30cmくらいのこんな穴を掘り、木や竹を燃やして、トタンなどでフタをして土を被せるという方法。窯がなくてもできるので、手軽です。オブジェになるような立派な炭はできないけれど、畑の土壌改良材としてはとてもよいそう。
sumiyaki070208.jpg

 炭が出来上がるのは3日後くらいだそう。来週掘り出す時も見に行く予定。今住んでいる家にも竹や木がたくさんあるから、この伏せ焼きで炭を作ろう!と思いました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

味噌づくり

 この町では、希望者を募って、住民センターで自家製味噌造りをしています。各々の家庭で味噌をつくる人は少なくなっているものの、自分の家の米と大豆を使って味噌をつくりたい、という希望があって、スタートしたらしい。私も、お世話になっている農家さんからお米と大豆をいただいて、参加しました。
 一昨日から今日までの3日間、一日目は米を蒸して麹を仕込み、2日目は切りかえし、3日目は大豆を蒸して麹と塩を混ぜるという作業。初めてで右往左往しつつではあったけど、ワイワイおしゃべりしながらの作業は楽しく、とても勉強になりました。
 出来上がった味噌。樽に移し替えて、半年以上寝かせる予定。楽しみです。
miso070207.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

青空の下、畑を歩きました。

今日も青空。
春から、どこに何を植えるか考えるため、家の畑や山林をぐるっと歩きました。
久しぶりに上の畑へ。柿の木が一本の風景は、まだ寒そう。
sora070131.jpg

でも、梅の木(?)はもう芽吹いていました。まだ寒くなる2月を控えているのに、大丈夫かな・・・。
umenome070131.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。