Kon's Farming Diary in Fukushima 福島で農家をめざすコンの日記

A diary of a novice farmer who came from Tokyo to start farming here in Fukushima with her husband. We are organic and try to be greener! 東京から脱出し、農業を始めるために、福島に移住したコンの日記です。エコ&グリーンな農家をめざします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家民宿cafeゆんたのオープニングイベント Farm House Cafe Yunta’s Opening Event

yuntakanban.jpg
新規就農者仲間の仲里さんが始める農家民宿。オープン記念パーティーに行ってきました。ご近所さん主催の餅つきで美味しいキナコとクルミのお餅ができました。お祝いにかけつけた皆さんの持ち寄り料理。ピザ、おにぎり、色々なお惣菜。野菜たくさんの豚汁。師匠の一人からいただいたシャンパンを仲里さんが開けて、集まった30人くらいの皆さんで乾杯です。皆が集まれる場「ゆんた」の今後が楽しみです。
We went to a celebrating party for opening Nakazato-san’s farm house & Cafe. One of the highlight of the event was mochi, rice cake making, which is considered as an auspicious ceremony. They made sweet soybean flour mochi and walnuts mochi. There were many kinds of dishes such as pizza, rice balls, miso soup with pork and vegetables, cakes, etc… Nakazato-san opened a bottle of sparkling wine and about 30 people who came to join the party made toasts. We are happy to have the café Yunta where we can get together and enjoy ourselves here in Towa.
mochituki130330.jpgmochi2130330.jpgnakazatosann.jpgyuntaminasan.jpg

スポンサーサイト

フランス料理のフェアウエル・パーティー French Cooking at Romain-san’s Farewell Party

burginion130311.jpg
ローマンさんが東和を去る前に開かれたサヨナラパーティー。もうすぐ始まる「カフェゆんた」にて、彼がフランス料理を手作りし、お世話になった人をもてなすという趣向でした。パテやチーズのオードブル。とろーり濃厚なオニオン・チーズスープ。そして、写真のチーズスフレ「スフレ・フロマージュ」、牛肉の赤ワイン煮込み「ブルギニヨン」、ポテトグラタン「ポム・ドフィノワーズ」。最後にチョコレートのムース「ムース・オ・ショコラ」。美味しかったです~。 ありがとうございます♪
At the farewell party, Romain-san made us French cuisine, which was really good; pate, ham ,cheese and salami hors d'oeuvre, Soufflé Fromage, Boeuf Bourguignon, Pom Dauphinoise, and the dessert Mousse au Chocolat….  C'était délicieux. Thanks a lot!

飯舘村のお母さんたちのレストランで At a restaurant organized by Iitate Mothers

waiwai130302.jpg
東和に滞在中のフランス人ジャーナリストのローマンさんを案内して、飯舘村のお母さんたちが始めたという福島市のレストラン「かーちゃんふるさと農園わいわい」に行ってきました。店の前に来てみると、「お休み」の札が・・・。ああ残念。どこでお昼を食べようか・・と帰ろうとしたとき、店の中から知り合いの福島大学の先生が! 「どうぞ、入って混ざってください。試食できますから」との優しいお言葉に甘えて、参加させていただきました。野崎シェフの料理講習会だったそうで、(福島民報の記事)斬新な料理をいただき、「伝統にこだわってはいけない」というシェフのお話を聞き、とても感銘を受けました。食べるのに一生懸命で、料理の写真を撮れなくて反省・・・We went to a restaurant in Fukushima City where mothers from Iitate village had started a few months ago. Although the restaurant was not in business when we visited because of a study meeting taking place there, we were very lucky to participate it. They invited a famous chef from a Japanese-style-restaurant in Tokyo, and he instructed people there. We tasted what he had cooked and listened to his instruction and his thoughts, which was very impressive.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。